問題続々!?レオパレス問題が再燃中!

問題続々!?レオパレス問題が再燃中!

問題続々!?レオパレス問題が再燃中!

レオパレスは施工不良や問題の隠ぺいなど次々に問題が発覚し、鎮火しそうになると燃え上がるを繰り返しています。

なぜここまで問題が出てくるのでしょうか?

レオ

発端はTV番組

炎上の発端となった出来事はTV番組「ガイアの夜明け」でレオパレスの建築した建物は【界壁】と呼ばれる壁がなかったり不十分であると報じられたことでした。

界壁とは防音や防炎の役割を持つ重要なものです。

この界壁がないと十分な防音がされない他、火災の時に遮る壁がないので建物全体に一気に燃え広がってしまいます。

そのため界壁がないというのは建築業界では考えられない事であり、明らかな違法建築でした。

昔からあったレオパレス伝説

レオパレスは家賃がリーズナブルであることが多く、学生や新社会人に人気でした。

しかしレオパレスには昔から思わず疑ってしまう様な伝説的な噂がありました。

・チャイムならされたと思って玄関を開けたら、四軒隣の部屋だった

・チャイムが聞こえ今度こそはと思ったけど、やっぱり隣の部屋だった

・チャイムを鳴らしたら住人全員が出てきた

・ティッシュを取る音が聞こえてくるのは当たり前、携帯のポチポチが聞こえることも

・爪切りの音も聞こえる

・納豆をかき混ぜる音も

・壁ドンしたら壁に穴が開いた

などなど、脚色されたものもあると思いますが、「壁が薄く防音性が皆無」という点が共通しているようです。

防音に関しては界壁が不十分だったことが判明したので、あながち嘘ではない事が判明しました。

今後は壁の薄さも問題になってくるかもしれません

オーナーは怒り爆発

高い建築費を払ったのに違法建築をされたオーナーたちは勿論、怒り心頭です。

当初レオパレスは責任をもって建て直しますと発表しましたが、その後、独自基準で判定し基準を下回った建物のみを建て直すと発言を修正し、オーナーたちを更に激怒させました。

この違法建築は工期を最優先する当時の社長による指示の可能性が高まっており、会社も問題を隠蔽しようとしたことが発覚しました。

株価の推移と今後は?

問題発覚まで500円程を推移していた株価ですが、問題発覚後、200円まで下落しました。

その後、やや反発し現在は250円付近を推移しています。

まだまだ問題が出てきてもおかしくないレオパレスですが、すでに倒産寸前まで織り込んだ株価になっているという見方もあるくらい堅調に推移しています。

いきなりの急回復は厳しいものの、今後の会社の対応によっては信用回復の余地が残る為、ここが底だと信じる投資家の買いが底値を支えている状態です。

上場廃止とならない限りお買い得な株価ともいえますが、ギャンブル色がやや強いので企業を応援したいという人やギャンブル好き以外は触らないほうがよさそうです。

市況カテゴリの最新記事