【株】一斉に群がる姿はまさに〇〇〇?投資家に嫌われる人々とは?

  • 2019.04.04
【株】一斉に群がる姿はまさに〇〇〇?投資家に嫌われる人々とは?

【株】一斉に群がる姿はまさに〇〇〇?投資家に嫌われる人々とは?

Locust

皆さんは株を購入する際、どのように銘柄を選んでいますか?

・自分の興味のあるジャンルの企業

・成長率の高い企業

・今後伸びると予想される企業

・応援したい企業

などなど、人それぞれ理由があると思います。

「投資は自己責任!」

投資を始めるにあたって

・銘柄選び

・売買のタイミング

・利確・損切りのタイミング

などすべて自己責任で行う覚悟で始められたと思います。

しかし、なかには「有名な投資家がおすすめしているから」「ネットに上がると書いてあったから」など他者の意見に乗り売買している人もいます。

SNS等で発信された銘柄に一斉に群がるイナゴとは?

アベノミクス効果もあり、個人投資家の中からも多くの億トレーダーと呼ばれる株で資産一億円以上を達成したトレーダーが生まれたと言われています。

メディアでも取り上げられ、書籍を出した方もおり、一躍有名になりました。

そんな有名投資家がSNSで「〇〇(銘柄)を買いました!」と発信したらどうなるでしょうか?「そうなんだ」と思う人もいれば、「〇〇さんが買ったなら上がるに違いない!」と急いで飛びつく人もいます。

後者の急いで飛びつく人を「イナゴ」と呼びます。

なぜイナゴなのか

イナゴといえば群れで飛んできて稲を食い荒らして飛び去っていきます。

株で言うイナゴ投資家もツイートやネット書き込みなどをみて、群れで飛んできて稲(銘柄)を食い荒らします。

この様子からイナゴ投資家と呼ばれるようになりました。

イナゴが来るとどうなる?

例えば上げ下げを繰り返しながら500円~600円のレンジを推移している銘柄があるとします。ホルダーたちは一気には上がらないが緩やかに上昇していく株価をみて企業の将来性に希望を持っているかもしれません。

そこにイナゴ投資家がくると一気に株価が上昇します。

今まで十数円だった値動きが一気に数十円以上になり、イナゴ投資家はおもにデイトレードで回転させながら取引しますので、大きな上ヒゲ下ヒゲをつける荒れたチャートになります。

そして最後は日を持ち越さず決済しますので、大きな上ヒゲをつけたチャートで終わります。

この大きな上ヒゲをつけたチャートを「イナゴタワー」と呼びますが、はたから見ると

一発花火が上がって終わってしまったチャート(下降トレンド入り)に見えますので新規の買いが入りにくく、元からのホルダーは台無しにされたと思うでしょう。

このためチャートを荒らしていくイナゴ投資家は歓迎されないのです。

イナゴ投資家も乗り遅れると損害を出してしまうので必死ですが、ギャンブル性が高く、後半はチキンレースになりますので、みなさんはイナゴ投資家にはなるべくならないようにしましょう。

カテゴリの最新記事