株やFXよりはるかに重要なバイナリーオプションでの事業者選び のコピー

株やFXよりはるかに重要なバイナリーオプションでの事業者選び のコピー

バイナリーオプション取引を行う際、どの事業者のサービスを利用するか、という点は株やFXよりもはるかに重要となります。

サービス提供会社の加工品、とも考えることができるバイナリーオプションは、事業者選びについて株やFXとは異なる見方が必要です。

証券会社もFX会社もレートに裁量を挟む余地は殆どないい

株式取引を行う際、ネット証券を利用すれば手数料の違いはありますが、各社概ね同様のサービスが受けられます。それは株式市場という場において、証券会社は仲介サービスに位置付けられるためです。株式市場は、国内であれば大半は東京証券取引所に存在しており、証券会社が意図的にコントロールできる対象ではありません。

FXの場合、株式市場でいう東京証券取引所に該当する存在はありません。よって各FX会社が投資家に提示するレートは、意図的な操作の余地があります。実際にかつての国内FX会社では、個人投資家のストップロスを誘う値動きが度々発生し、問題視された歴史があります。

しかし各FX会社が銀行等の取引先から提示される為替レートは、各社でそれほど大きな違いはなく、FX会社がレートに裁量を挟む余地は限定的です。

バイナリーオプションは事業者が組成する金融商品

共通した取引の場の有無はあるものの株式取引、FX取引いずれも、投資家同士が株や為替といった対象物を売買します。よって証券会社とFX会社は、立ち位置としては仲介会社です。

一方でバイナリーオプションは、事業者が組成する金融商品という位置付けです。よって事業者の裁量が入る余地が、株やFXとは比べ物にならないほど存在します。

例えば同じような対象先に投資する投資信託であっても、設定時期や手数料も異なれば、各銘柄の投資タイミングや投資割合も異なります。そして類似の投資信託であっても、パフォーマンスが異なるケースがしばしばあります。

バイナリーオプションも同様で、サービスを提供する事業者によって内容が異なります。同じ通貨ペアを対象とする取引であっても、判定時間や倍率が事業者によって異なる場合が殆どです。

よってバイナリーオプション取引を行う際の業者選定は、証券会社やFX会社を選ぶ際に比べ、はるかに重要な意味を持ちます。株やFXの場合は、何となく、で取引会社を選んでも大怪我をするケースは殆どありません。しかしバイナリーオプションの場合、事業者が組成する商品を取引対象とするため、取引会社の選定が投資家の死命を決するといっても過言ではありません。

オプション職人の見解

証券会社やFX会社の場合、各社が配信しているレートはどの会社であれ殆ど同じです。FXの場合、重要な指標発表の前後は、各社でレートが異なるケースもありますが、日常的には殆ど会社間での違いはありません。

しかしバイナリーオプションの場合、各事業者で倍率などが異なるのは日常茶飯事です。バイナリーオプションとして提供される金融商品は、「サービス提供会社の加工品」と考えれば、その内容は違って当然です。

サービス提供事業者の加工品ともいうべきバイナリーオプションは、事業者により内容に大きな違いが生じます。よって業者選定は、株やFXの場合とは比べ物にならないほどの重要度を持ちます。

期待値の高い取引ができる事業者はどこか、という観点での業者選定がバイナリーオプションでは非常に重要です。また場面に応じて、期待値の高い取引が可能な事業者が異なるケースもしばしばあります。

幅広い視野を持った上で取引業者の選定を行う必要がある、という点はバイナリーオプション取引を行う際に、欠かすことのできない視点です。ご注意ください。

自分は国内バイナリーオプション口座をすべての業者で開設しています。

業者ごと、それぞれに性質があります。すべてをずーっと監視すると、いわゆるちょっとした「穴」があることがわかってきます。

「この時間、最近相場は毎日動いてないので『低倍』で行ける!」とか、「この指標は動くのに『高倍』が安いな?」などとわかります。毎日しっかりと監視していれば、「穴」は必ず探すことができて大儲けです。

BO(バイナリーオプション)カテゴリの最新記事