勝てる投資家はチャンスが来るまで待てる、無駄打ちをなくすことから始めては?

勝てる投資家はチャンスが来るまで待てる、無駄打ちをなくすことから始めては?

勝てる投資家はチャンスが来るまで待てる、無駄打ちをなくすことから始めては?

バタバタと忙しくトレードして資金をすり減らしていませんか?一般的なイメージと異なり、専業トレーダーの方はトレードチャンスが来るまで待つ、というスタイルの方が多いです。

バイナリーオプション(BO)やFXなど、トレードで勝ち切るためにまずは無駄打ちをなくすことから始めてはいかがでしょうか?

バタバタと取引するイメージがある勝ち組投資家

勝ち組投資家、と聞くと、短期間でバタバタと取引しているイメージが一般的にはあります。株や為替のネット取引が可能となった後、デイトレーダーの存在がクローズアップされる機会が増えました。その結果、デイトレーダー=常に取引している投資家、というイメージが出来上がっています。

しかし勝ち組投資家の多くは、デイトレーダーのような短期取引スタイルの投資家であっても、忙しくバタバタと取引している方はそれほど多くありません。

確かに秒単位や数分単位での取引を繰り返し、そして成功している投資家も存在します。しかし実際に勝っている投資家の多くは、短期取引であってもバタバタと取引している方は少数派といえます。

相場は自分の都合の良いタイミングに都合の良い方向には動いてくれない

金融商品の取引を行う際に必ず覚えておくべき事実として、相場は自分の都合の良いタイミングに都合の良い方向には動いてくれない、というものがあります。

兼業投資家の方が、会社が終って例えば22時頃からFXやバイナリーオプションや先物の取引を行うとします。寝る時間を1時とした場合、取引できる時間は3時間です。3時間の間に絶好の取引チャンスが到来して、更に希望した通りの方向に相場が進んでいく、それが毎日続けば最高です。

しかし相場はそんなに甘くありません。3時間モニターの前に座っていても、取引チャンスはゼロ。またチャンスだと思いエントリーしたものの、損切りとなるケースは日常茶飯事です。

希望的観測で相場を都合よく解釈してエントリーを行した場合、タマにうまくいっても、最終的には失敗します。相場は自分の都合に合わせて動いてはくれない、投資家デビューする際には、必ず認識しておきたい事実です。

投資家の仕事は待つこと!

投資家の仕事は“待つ”ということに尽きます。期待値の高い(自分の納得できる)エントリーチャンスを待つこと、これができなければ、最終的に取引すればするほど資金を減らしてしまいます。

この“待つ”大切さを、投資初心者の段階で認識している方は非常に少ないです。取引チャンスを逃したくない、との思いから、判断を甘くしがちです。しかしそれは逆で、納得できなければエントリーしない、というスタンスが正解です。

兼業投資家の難しい部分はこの“待つ”という部分にあります。仕事帰りにせっかく時間を作ったのだから・・・、と甘い判断でエントリーして結局やられてしまう・・・。兼業サラリーマン投資家にはよくあるパターンですが、この繰り返しをしている間は、投資で勝ち切ることは難しいといえるでしょう。(特に短期取引の場合は)

暇と答える専業投資家が多い事実

専業投資家に話を聞くと、暇です、という方が意外に多いです。専業投資家は、既に自分の勝ちパターンを持っています。よってその勝ちパターンが来るまで待てます。しかし、待ち時間が暇、そんな意見の方が多いといえます。勝ち組投資家=バタバタ忙しくトレードしている、というイメージがありますが、実はその一般的なイメージは、少数派の可能性があります。

もしバイナリーオプションやFXなどでバタバタと忙しく取引して、結局資金がマイナスになっているなら、取引を厳選してはいかがでしょうか?勝つ見込みのある=期待値の高い取引チャンス、を待ってからのエントリーを行いませんか。厳選したエントリーなら、最終的に資金が増える可能性は高まります。まずはバタバタする忙しいトレードを卒業する所から始めませんか?

オプション職人の取引時間帯は?

BOのトレードでは指標や要人発言等のイベントの把握が重要です。

前日のうちに明日のイベントのチェックをします。何時にどんなイベントがあるかのか?そのイベントはおおよそどれくらい動くのか?を把握します。当日になってみないとわからないことのも多々あるので前日は軽く調べておく程度でいいでしょう。

自分の取引時間帯は基本的に、東京時間を捨てて深夜がメインですが、日本やオーストラリアのイベントがあると起きますね。睡眠時間などの生活リズムもイベントに合わせるということです。

以上参考までに。

BO(バイナリーオプション)カテゴリの最新記事