外為オプション(GMOクリック証券)の取引方法を解説

外為オプション(GMOクリック証券)の取引方法を解説

バイナリーオプション(BO)とは、「○分後のドル/円が100円よりも上か下か?」などを予想する金融商品です。一般にBOの価格は1枚あたり30円から999円の間で変動し、的中したときの払い戻し額は1000円となります。

1枚30円で買った場合は、的中時に約33倍の還元となるので当たりにくく、900円などの高額で買った場合は的中時は約1.1倍となるために当たりやすいです。

ここら辺は普通の競馬などのギャンブルと同じような性質をしています。

世界No1のFX取引量を誇るGMOクリック証券は、「外為オプション」との名称でバイナリーオプション取引も提供しています。

以前、このブログでもGMOクリック証券のBO(外為オプション)の取引方法を紹介しましたが、人気の記事だったため、もう一度詳しく説明していこうと思います。

外為オプションの取引方法について、画像も用いながら解説いたします。

GMOクリック証券提供、外為オプションを取引するための5つのステップ

多くのFX投資家が世界No1の取引量を誇るGMOクリック証券を利用しているのと同様に、多くのバイナリーオプション(BO)投資家が外為オプションを利用しています。

口座を開設し入金した後、外為オプションは下記5つのステップで取引を行います。

① 取引通貨ペアを選択する

② 基点(オプション行使価格)を設定する

③ 満期時間に為替レートが基点より上にあるか・下にあるかを予想する

④ 購入数量を決めて購入ボタンを押す

⑤ 決済(満期到来・転売)

それぞれの手順について、下記で簡単に解説いたします。

①取引通貨ペアを選ぶ

外為オプションでは下記の5通貨ペアでのBO取引が可能であり、取引を行う通貨ペアを選択します。

・ USD/JPY

・ EUR/JPY

・ GBP/JPY

・ AUD/JPY

・ EUR/USD

②基点(オプション行使価格)を設定する

BO取引は事前に設定された特定の時間の、特定のレートに対し、相場の上下を当てるものです。「時間」と「基点となるレート」と「相場の上下」の3つの変数から構成されています。この中で時間はBO事業者が設定しており、投資家側からはコントロールできません。

単なる相場の上下を当てるイメージのあるBO取引ですが、「相場の上下」を決める前に、「基点となるレート」を設定する必要があります。

またレートは現在のレートから遠くなればなるほど、レートへの到達の可能性が低くなるため、勝ちの際の倍率が高くなります。

・上部の画像は円安の倍率2.58倍に対し、下部の画像では基点となるレートを上げると、倍率が10倍以上となった。一方で下部の画像では既にレートが基点の下に位置しており、円高時の倍率は1.00.倍となる

ハイリスク・ハイリターンの取引戦略を採用するか、ローリスク・ローリターンを取るのか、どの戦略を採用するかにより、現在のレートに比べて遠近いずれとするかを考えます。

③満期時間に為替レートが基点より上にあるか・下にあるかを予想する

基点となるレートを設定した後に、満期時間に為替レートが基点より上にあるか・下にあるかを予想します。

ファンダメンタル・テクニカル等、投資家により様々な予想方法があります。またトレンドに対し順張り・逆張りのいずれで臨むのか、という部分も投資家により様々なスタンスがあります。

④購入数量を決めて購入ボタンを押す

予想が決まったら、最後は取引数量を決定して「購入」ボタンを押すと、オプションが購入されます。そして以後は為替レートの上下により損益が上下します。

尚、取引数量については投資可能金額の全額を購入するのではなく、例えば投資可能金額の5%まで等、資金管理の考え方を踏まえた上で取引数量を決定する必要があります。

丁半博打に類似の部分があるBO取引は、満期時点で予想が外れると、投資金額がゼロとなります。よって投資可能金額がゼロとならぬように、その都度購入数量の調整が必要です。

⑤決済(満期到来・転売)

保有したポジションを満期到来まで保持するなら、その後は特にすることはありません。

しかし転売を行うことで、満期到来前に利益確定や損切りも可能です。転売を行う際は、「売却」ボタンを押せば保有のオプションが売却され、損益が確定します。

まとめ

FXや株式トレードの場合は、極論すれば今後相場が上下いずれに進むのか、という点のみの予想となります。しかしBOでは特定の時間の、設定したレートに対して相場が上下いずれとなるのか、という予想となり、事前に決めるべきことが多くなります。

FXや株式に比べると、ポジションを保有するまでのプロセスが多いBO取引ですが、慣れてしまえばそれほど手間はなく、スピーディーな取引が可能です。

オプション職人の見解と感想

自分は、はじめてBOを取引した業者は、外為オプションでした。デモは使わずに1枚~5枚くらいから始めました。

ですが、外為オプションはデモ取引も可能なので、まずはデモ取引から試すことをオススメします。実践の前に練習することで、取引方法に慣れるとともに、平凡なミスで資金を失うリスクも避けることができると思います。

BOに慣れてない場合は、とりあえずデモで触ってみることですね。デモで2,3日使えばなんとなく感覚がわかってくるはずです。

BO(バイナリーオプション)カテゴリの最新記事