バイナリーオプションやFXで時間帯に対する意識を持つ必要性を解説

バイナリーオプションやFXで時間帯に対する意識を持つ必要性を解説

バイナリーオプションやFXで時間帯に対する意識を持つ必要性を解説

バイナリーオプションやFXなど、為替市場を対象とする金融商品を取引する際は、時間帯に対する意識を持つことも必要です。

為替市場の時間帯に対する意識の必要性とともに、東京・ロンドン・ニューヨークの各時間帯の特徴を解説いたします。

為替市場も呼吸をしている

FXやバイナリーオプション取引を行う際、時間帯の意識を持っている方はどの程度いるのでしょうか?

ベテランやプロは当然、時間帯に対する意識を持っています。しかし初心者はもとより中級者でも、時間帯を意識しない方が多いのではないでしょうか?

無機質な存在に見える為替市場ですが、人間と同じように呼吸をしています。具体的には時間毎によってその値動きが変化しています。

よって24時間同じようなスタイルで取引を行うのではなく、その時間帯に応じた取引を行うことで、勝ちやすい取引につなげることができます。

東京時間とロンドン時間とニューヨーク時間

為替市場は各時間帯の主要プレイヤーに応じ東京時間(日本時間8~16時)、ロンドン時間(同16時~23時)、ニューヨーク時間(23時~8時)の3つに分けることができます(尚、各時間は厳密に分けられず記載は目安の時間)。大きな傾向としては下記があげられます。

・東京時間→大きな値動きが生じることは少なくレンジ相場を形成しやすい

・ロンドン時間→東京時間のレンジ相場を破りトレンドが生じる値動きが発生しやすい

・ニューヨーク時間→大きな値動きが生じるが何でもありの時間帯

3つの時間帯では、東京時間が最も値動きが少なくなります。よって値幅を取ろうとすれば、ロンドン・ニューヨーク時間での取引が必要です。ただしバイナリーオプション(BO)取引では、レンジ相場を予想するレンジオプションも存在します。またレンジオプションの勝率は高い傾向にあり、BO取引では東京時間でも有効に戦う方法が存在します。

しかし大きな値動きを見せるのは、やはりロンドン・ニューヨーク時間です。よってFXやBOの多くの投資家は、ロンドン・ニューヨーク時間中心の取引となっています。また日中は別の仕事をしている兼業投資家は、ロンドン後半からニューヨーク時間中心の取引にならざるを得ない一面も存在します。

時間帯を加味すれば取引に深みを与えられる

東京・ロンドン・ニューヨーク時間の3つの時間帯、全てに対応する取引方法を見つけることが出来ればベストです。しかし現実的には非常に難しいといえます。

よってBOやFXの取引方法を考える際は、まずは時間帯に特化した手法を考えることが勝利の近道となります。値動きの特徴から東京時間のブレイク系、ロンドン時間のレンジ系取引は期待値が低くならざるを得ません。

兼業投資家でも値動きの激しいニューヨーク時間の前半戦を見送り、早起きすることで穏やかな値動きの中での取引が可能など、時間帯を意識することで新しい投資アイディアも生まれます。

時間帯の意識を持つことで、単に値動きのみでの売買ではなく、時間帯も合わせた深みのある取引手法を作り上げることができます。

まとめ

為替市場は時間帯によって値動きに癖があります。もちろん相場なので、毎日必ず同様の値動きが発生する訳ではありません。

それでもBOやFXなど為替市場を対象とするトレードを行う際は、時間帯の意識を持つことで、取引手法に深みを持たせることができます。

多くの兼業トレーダーは、基本的にニューヨーク時間での取引となります。しかしニューヨーク時間の中でも、後半戦は値動きが穏やかになる等の癖があります。

取引手法を考える際は値動きのみに注目するケースが殆どとなりますが、そこに時間帯という視点も取り入れてはいかがでしょうか?期待値の高い取引手法が、案外身近な所で見つかるかもしれません。

オプション職人のBOの取引時間帯

自分は東京時間を捨てて、15時~27時を主なトレード時間としています。なぜ夜中に起きているかというと、これは大学時代からそういう生活スタイルになってしまったからです。

早朝に起きるのが好きな人もいれば、深夜に起きているのが好きな人もいるらしいです。例えば深夜に起きている人がいない群れだと、みんな敵襲で死んでしまいます。なので、群れの中(人間)はそういう特殊な人もいるらしいです。

で、深夜帯では1時(25時)以降の低倍が得意です。たとえばGMOクリック証券のBOだと、予想が的中したときの払戻は一枚1000円で一定。900円で買えば倍率は1.1倍程度。倍率は低いが、裏返せば払い戻しの可能性が高く、それを狙っています。

BO(バイナリーオプション)カテゴリの最新記事