IG証券のバイナリーオプションの取引方法を解説(後編)

IG証券のバイナリーオプションの取引方法を解説(後編)

IG証券のバイナリーオプションの取引方法を解説

IG証券のバイナリーオプション(BO)はラダーオプション、ワンタッチオプション、レンジオプションの3種類の取引方法に加え、為替・株価指数・商品も取引可能です。

幅広い選択肢の存在するIG証券のBOについて、取引方法及びその流れを解説いたします。

IG証券でBO取引を行う際の5つのステップ(ラダーオプションの場合)

前回の記事で解説したように、IG証券はラダーオプション、ワンタッチオプション、レンジオプションの3種類のバイナリーオプション(BO)取引を提供しています。

BO取引で一般的なラダーオプション取引をIG証券で行う際は、下記の5つのステップとなります。

① 満期時間を「2時間」、「当日」から選択する

② 通貨ペアを選択する

③ 購入するオプションを選択する

④ 購入数量を決めて購入ボタンを押す

⑤ 決済(満期到来・転売)

①満期時間を「2時間」、「当日」から選択する

IG証券のラダー取引では、「2時間」及び「当日」の2種類の設定時間が存在します。

2時間はFXプライムbyGMOの「選べる外為オプション」などと同様、2時間毎に満期が到来する取引です。

また「当日」の取引は翌日の該当時間のレートを当てる取引です(1日5回の設定)。ゆったりとしたスタイルで、BO取引を行うことができます。

③通貨ペアを選択する

ラダーオプション取引では、「2時間満期」と「当日満期」で取引可能通貨ペアが異なります。

2時間満期(7通貨ペア)

・USD/JPY、EUR/USD、GBP/USD、GBP/JPY、EUR/JPY、AUD/JPY、AUD/JPY

当日満期(5通貨ペア)

・USD/JPY、EUR/USD、GBP/JPY、EUR/JPY、AUD/JPY

満期の種類(2時間、当日)に加え通貨ペアの選択幅も広いため、より期待値の高い取引を求めることができます。

④購入するオプションを選択する

投資家のそれぞれの予想方法により、選択した満期時間の為替レートを予想し、購入するオプションを選択します。

各数字の見方について

国内業者は通貨ペアのレートが表示されるケースが殆どですが、IG証券はオプション価格での表示です。ただしドルストレート通貨はレートの10,000倍がオプション価格、クロス円通貨はレートの100倍がオプション価格となります。

またIG証券は倍率の表示も独特です。国内業者では“○○倍”と表示されるため、「勝ち」の場合の倍率が一目で分かります。

しかしIG証券のBO取引は、「売値70.0-買値75.0」、といった表示がなされており、倍率の表示はありません。

また「買い」と「売り」の場合で見方が異なります。

「買い」の場合(20の表示のケース)

「買い」の場合、表示されている数字(20)が取引証拠金となります。

IG証券に限りませんがBO取引では殆どの会社で、“勝ち”の場合の返金額は100です。よって証拠金20の「買い」取引を行った場合、“勝ち”では100が返金されます。

よって「買い」で“20”の表示の場合は、

・返金額100÷証拠金20=5倍、

となり倍率5倍のオプションです。

「売り」の場合(80の表示のケース)

「売り」の場合、表示金額は「買い」の場合と異なり証拠金の金額ではなく、利益額です。「売り」の場合の各数字の関係は下記となります。

・返金額100=利益額80+証拠金20

よって20が「売り」の場合の証拠金です。20の証拠金で“勝ち”の場合、返金額が100であり倍率は5倍となります。

「買い」の場合の20と、「売り」の場合の80は、最終的な倍率が5倍であり両者同じ倍率となります。

本ケースのように同じ倍率であっても、「買い」と「売り」では表示方法が異なるため注意が必要です。

④購入数量を決めて購入ボタンを押す

倍率を確認した後、取引数量(ロット数)を決定して「注文確定」ボタンを押すと発注がなされます。

国内のBO事業者では、取引数量に上限が設けられているケースが多くなりますが、IG証券では取引数量に上限は設けられていません。よって資金量が増加した後も、長く利用できるBO事業者です。

尚、保有するポジションについては、「両建て無効」「両建て」の選択肢が用意されています。

⑤決済(満期到来・転売)

オプション購入後は満期まで待つのみならず、途中での転売も可能です。投資資金の全額を失う前に損切り注文として転売を利用する、途中で手堅く利益確定するなど、転売を有効活用することがBO取引攻略の鍵を握ります。

ワンタッチオプションについて

IG証券のBO取引では、特定の時間までに特定のレートにタッチするかを当てる、ワンタッチオプションも為替・株価指数・商品で取引ができます。

ただしワンタッチオプションの利用はIG証券の旧システムからのアクセスに限られます。現行のシステムを利用の場合、ワンタッチオプション取引の表示がなされず利用できません。

旧システムにアクセスしてワンタッチオプションの画面を表示した後、設定時間とタッチレートを選択し、オプションの購入に移りますが、一連の流れはラダーオプションの際と概ね同一となります。

まとめ

IG証券のBO取引は様々な選択肢があります。また表示方法も独特であり、国内業者のBOサービスに慣れてしまうと、非常に扱いにくい面があります。

しかしラダーオプションでも2時間と翌日の2つの選択肢があり、自らの生活パターンに合わせた取引が可能です。

ある程度の慣れは必要となりますが、IG証券のBO取引を使いこなすことで取引の幅が大きく広がります。また取引上限が定められていないため、将来的に資金が増加した後も利用可能なBO事業者です。

敷居の高いイメージもあるIG証券のBO取引ですが、より高い期待値の取引を求めて、使いこなしてはいかがでしょうか。

BO(バイナリーオプション)カテゴリの最新記事