【円高で損する人得する人】あなたはどっち?【テーマ:円高メリット銘柄】

【円高で損する人得する人】あなたはどっち?【テーマ:円高メリット銘柄】

【円高で損する人得する人】あなたはどっち?【テーマ:円高メリット銘柄】

円高と円安

円高とは簡単に言うと円の価値が高い状態、逆に円安とは円の価値が低い状態を指します。

ドル円を例にすると、1ドル100円を基準とするなら1ドル90円は円高、1ドル110円は円安といえます。

よくある勘違いとしては1ドル90円が円安、1ドル110円が円高という逆の覚え方による間違いです。

たしかに一見すると1ドル90円から1ドル110円になれば円の価値が上がっていると思いがちです。

しかし、ドル側から見るとどうでしょうか?

1ドル90円で換金できた場合と1ドル110円で換金できた場合、円の価値が高いから90円にしかならなかったもしくは円の価値が低いから110円ももらえたとなります。

つまり円高円安とは相手通貨から見た円の価値であり、円をベースに考えると混乱します。

円高=株安?

一般的に円高になると株安になると言われます。

輸出業など円高になることによって相手方のコストが増えるため輸出量が減ってしまいます。

日本は輸出国なので輸出が減ることは死活問題です。

逆に輸入業者は円高がメリットとなりますが、輸出業者と輸入業者を比べた場合、輸出業者の方が多く、取引金額も大きいので相殺してもマイナス値の方が高くなってしまいます。

円高を利用するために

円高では相手(外国)の支払い金額が多くなるため、取引を渋るケースが出てきます。

しかしこちらがお客さんの場合はどうでしょうか?

海外旅行する際に日本円を相手国通貨に両替しますが、円高の場合、円安に比べ少ない日本円で両替をすることができます。

例えば1ドル120円の時に100ドル分両替するとなると12000円必要ですが、1ドル90円のときなら9000円で済みます。

このように相手国にお金を払うものでは円高は大きなメリットになります。

円高でメリットがある銘柄・業種

円高でメリットがある業種・会社は「(海外)旅行会社、輸入業、航空会社」が主になります。

旅行会社・航空会社

海外旅行が割安となれば旅行会社の注文が増え、海外に行く場合多くは飛行機を利用しますので航空会社の売上も伸びます。

輸入業

輸入業と書きましたが、食品や家具、精密機器など様々なモノがあり、輸入会社だけでなく輸入品を取り扱う小売店にも影響が出るため、輸入品が多いお店はいつもより仕入れ値が抑えられている可能性が高いです。

そのため輸入品が多いスーパーなどを運営する企業の利益にも直結するため、円高が長引いているときは決算にも注目です。

海外家具を取り扱う企業、輸入木材で製品を作っている企業、輸入食品を販売する企業または料理を提供する企業など輸入品を扱う企業は多いためその企業の中で輸入品がどの程度の割合を占めているかを見極めることが重要です。

代表例をあげるなら

輸入家具の「ニトリHD」、ビール大手3社「サッポロ、アサヒ、キリン」、石油大手「出光興産、東亜石油、コスモHD」輸入パスタの「日清製粉グループ」などをチェックしながら輸入品を扱っているのに出遅れている銘柄があれば買ってみるのもいいと思います。

円高はいつまで?

一般論として多くの国が極端な通貨安は除き、自国通貨は安いほうがいいと思っています。

輸入だけでは大きな赤字になってしまうので輸出を増やし黒字もしくは少ない赤字で済ませたいからです。

この動きが特に顕著なのがアメリカでトランプ大統領はドル高になるとドル高に否定的な発言をします。

その度ドルが売られますが、世界の基軸通貨であるドルの信頼性は高く、近年では民主党時代に100円を割ることがありましたが再び自民党政権になってからはおおよそ1ドル107円~117円程を推移しています。

自民党政権の間は一時的に100円を割るようなことがあってもすぐに回復するものと思われ、極端な円高は考えにくいです。

ただ、いつまで円高が続くのかは世界情勢と日銀の出方次第なので、日銀が新たな制作を発表しない限り、110円への回復は遅れるものと思われます。

デメリットの多い円高ですが、海外に目を向けた場合メリットも多いので個人輸入について勉強するいい機会とも言えます。

海外製の高級時計や高級家具などいつもは手が出せないものも円高の今なら手に入れられるかもしれません。

市況カテゴリの最新記事