ウォン安加速で韓国大ピンチ!?メリットのある銘柄とは?

ウォン安加速で韓国大ピンチ!?メリットのある銘柄とは?

ウォン安加速で韓国大ピンチ!?メリットのある銘柄とは?

8月上旬、かねてより示唆されてきた韓国への特別優遇処置(ホワイト国)指定から除外され、大きなニュースになりました。

この決定に対して韓国でも大きく報道され、日本への不買運動などの経済報復を示唆するなど緊張関係が続いています。

また、米中貿易戦争の再燃も重なり、アメリカドル / ウォンが急落し、韓国経済は大きな痛手を負っています。

隣国の通貨危機に対し、メリットのある銘柄とはどんなものでしょうか。

ホワイト国除外は報復行為?

ウォン安の要因の一つに日本が行ったホワイト国の除外があると言われています。

そもそも韓国でも大きな話題となっているホワイト国からの除外というのはどのようなものなのでしょうか?

簡単に言うと通常ミサイルなどの兵器に転用可能な部品や素材の輸出には簡単に輸出できないように各国とも審査を設けています。

しかし、信用のできる国にはこの審査を免除し、輸出までの流れが簡略化されるという優遇措置がおこなわれる国を日本ではホワイト国と呼んでいました。

相手国を信用して優遇する措置ですが、韓国には以前から不透明な部分が多く、物資横流しの可能性も否定できない状況だったのでホワイト国から外すべきという意見が出ていました。

日本政府も韓国に再三是正を要求しましたが改善されなかったため、今回ホワイト国から除外されるという結果になりました。

つまり、韓国では徴用工問題に対する報復だと騒がれていますが、実際は何度勧告しても改善されなかったための措置であり、徴用工問題とは関係ない事が分かります。

ウォンは人民元に連動する

ウォン安は日本のホワイト国除外も要因の一つといわれますが、最も大きな要因は人民元の急落にあります。

一度は休戦し、解決に向かうと思われた米中貿易戦争がトランプ大統領の発言で再燃し、世界中の株為替が大きな影響を受けました。

ドル・元ともに下がりましたが、この元安も中国による為替操作だとトランプ大統領は非難しています。

そして普段から人民元に連動するように推移しているウォンも大きな影響を受け、急落の要因となりました。

韓国関連銘柄とは?

韓国関連の銘柄として主なものに芸能関係があります。

第一次第二次韓流ブームがあり、多くのアイドルやタレント、役者が来日しコンサートやグッズ販売、DVDの売り上げなど日韓両業者とも売り上げを大きく伸ばしました。

他にもファッション関係は韓国で流行したものが少し遅れて日本の若い女性の間で流行する傾向があり、現在ウォン安で輸入がしやすくなっているので韓国から直接輸入している企業にも注目です。

まとめ

現在、韓国では日本製品の不買運動が起きており、韓国政府も反日を煽っています。

日本でも韓国に対する嫌悪(嫌韓)が広がっている為、韓国関係のイベントは開きづらくなっており、芸能関係はやや厳しい状況です。

しかし、定期的に韓流ブームが訪れている事から両国関係が落ち着けば再度ブームが訪れると予想されます。

情勢を見ながら安くなっている所を打診買いしてみるのもアリだと思います。

また、ファッション関係では主な購買層である若い女性の間に韓国に対する抵抗感が少ないため、今後も韓国で流行したものが若い女性の間でも流行すると予想されます。

韓国関連銘柄を狙っている人は両国関係が冷え込んでいる今をチャンスととらえ、雪解け前に買っておくと良いでしょう。

ただし、韓国では反日=支持率上昇の考えがある為、支持率が下がってくると反日煽りの傾向がありますので注意しましょう。

市況カテゴリの最新記事