【SBI】ネット証券初!レアルとルーブルの取引開始!ルーブル編【FX】

  • 2019.03.08
  • FX
【SBI】ネット証券初!レアルとルーブルの取引開始!ルーブル編【FX】

【SBI】ネット証券初!レアルとルーブルの取引開始!ルーブル編【FX】

2019年3月16日(土)よりSBI証券にてブラジルレアル/円、ロシアルーブル/円を含む8通貨ペアが追加されるという発表がありました。

ブラジルレアルとロシアルーブルは2019年2月現在、国内業者では取り扱いのない通貨のため、このままいけばSBI証券が初の取扱会社となります。

今回はブラジルレアルとロシアルーブルの特徴を紹介します。

Russian, Federation
TayebMEZAHDIA / Pixabay

ルーブルの特徴とは?

ルーブルはロシアの通貨です。

ロシアと言えば大国の一つですが、プーチン大統領の長期政権が続く独裁政権とも言える状態になっています。

昨今、日本との平和条約締結や経済協力に向けて会談が行われていますが、国内の経済状態は決して芳しくないようです。

ルーブルの価値は右肩下がりの状態で、傾向としては原油価格の動向に比較的敏感に反応しています。

ボラが大きい

チャートの推移もボラの大きい激しいチャートとなっています。

基本的には下げチャートですが、ところどころで長いひげをつけており、ロット数を張り過ぎると即損切りコースになるので注意が必要です。

金利は高めの設定か

下降トレンド中であり、不安定なルーブルは買いスワップは高めに設定されると予想されます。

現在、ルーブルは歴史的な安値圏で推移しており、すでに底をうったという専門家もいますがヨコヨコで推移しているため、今後の情勢次第で上下どちらにも推移する可能性があります。

スワップ狙いで取引する場合、もう1段・2段の下げが来ても耐えられるように証拠金維持率を調整しておきましょう。

原油価格に大きく影響を受ける

ルーブルの急騰急落のいずれも原油価格の大幅変動の影響を受けています。

そのため、現在のところは国内情勢よりも原油国の情勢を気にするほうが優先です。

欧州との関係改善で今後が決まる?

ロシアは大国であり強大な軍事国であるためか、他国に対して強硬な態度を取ることが多く、軍事力に物を言わせ他国からの顰蹙をかうこともあります。

ルーブル下落のきっかけになったのは欧州による対ロシアへの経済制裁と原油価格の下落です。

原油は底値感が出ているので、ロシアと欧州の関係改善が今度の焦点になりそうですが、プーチン大統領の支持率も下降気味なのであまり弱気な態度は見せられないというジレンマがあります。

またアメリカとの関係も大きく影響しますので、アメリカ大統領選に向けてトランプ大統領が対ロシア政策をどのように修正するかも今後の焦点になりそうです。

FXカテゴリの最新記事