低リスクで手堅い投資?国債の魅力とデメリットとは?

低リスクで手堅い投資?国債の魅力とデメリットとは?

低リスクで手堅い投資?国債の魅力とデメリットとは?Bond

国債とは?

国債とは「国庫債券」の略称で、国が資金調達する手段の1つです。

つまり国が発行する債券となります。

国が発行元となる為、日本国が破綻しない限り通常は元本割れの心配がありません。

また日本国債の場合は国際的にみても信頼性が高く、仮に日本国債が破綻する場合、どの国の国債でも大変なことになっているはずです。

個人にも買える国債とは?

個人向け国債

個人向け国債とは、個人投資家しか購入できない国債になります。
国債の種類によっては途中解約が出来ず、満期まで保有しなければならないものもありますが個人向け国債は途中解約することもできます。
また、3年・5年・10年と3つの期間設定が設けられており、3年と5年は固定金利、10年は変動金利となっている為、自分に合った期間・金利を選択することができます。

新窓販国債

こちらは個人だけでなく法人名義でも購入できる国債になります。

個人向け国債と同じく2年・5年・10年と3つの期間設定がありますが、全て固定金利となっています。

国債を買うメリットとは?

元本割れのリスクが低い

国債の他の投資にはない魅力は「元本割れ」のリスクの低さです。

一般的に国が破綻しなければ元本割れがないので低リスクの投資です。

ただし満期前に売却してしまうとタイミングによっては元本割れの可能性があるので注意が必要です。

少額から投資が可能

株と違い一万円から投資をすることができます。

そのため小資金の方でも国債を購入することができます。

国債のデメリットとは?

金利が安い

ローリスク・ローリターンの国債はもらえる金利も少なめです。

銀行の金利よりは多くもらえますが他の金利に比べると物足りなさがあるかもしれません。

また小資金から購入できる反面、最低資金では金利はほとんど付きません。

いつでも売買できるわけではない

国債は募集期間内に金融機関等で申し込みを行って購入します。

そのため、株トレードのようにリアルタイムで取引することができません。

そして国債の発行時期も毎月決まっているわけではないので、金融機関のホームページや店頭で確認する必要があります。

また、満期前に売却しようとした場合、元本割れのリスクがあるため満期まで数年間は保有しなければならないことがあります。

まとめ

国債はとにかく手堅く投資をしたいという人におすすめです。

年単位で寝かせておく資産があり、元本も減らしたくないという方は選択肢の一つになるでしょう

投資一般カテゴリの最新記事