12/12ページ

12/12ページ
  • 2019.01.24

ダイソンがイギリスからシンガポールに本社移転を決定

ダイソンがイギリスからシンガポールに本社移転を決定、ブリグジット騒動は2月まで続く イギリスのEU離脱を巡る混乱が続く中、イギリスに本社を置く家電製品開発のダイソンがシンガポールへの本社移転を発表しました。 あちらを立てればこちらが立たず、という状況下、合意なき離脱は避ける方向に進んでいますが、合意なき離脱を支持するジム・ローウェンCEOが率いるダイソンは、海外に本社を移す事に。 1月29日の議会 […]

  • 2019.01.21

おすすめFX業者紹介ーDMMFX編

DMMFXは「FX口座数国内第一位(2018年1月末時点)」と打ち出しているだけあり、国内FX業者の中でも特に人気のあるFX業者で全体的に高水準の数値になっています。 業界最狭水準のスプレッド USD/JPYのスプレッドは0.3銭(原則固定)となっており、他社と比べても2.3番目のスプレッドの狭さになっています。 スプレッドが狭ければ狭いほどプラス域に到達するのが容易になりますので、スプレッドの数 […]

  • 2019.01.21

21日の月曜の値動きにご注意を

先週のイギリスのEU離脱法案の議会での否決は、為替の値動きとしては、大山鳴動して鼠一匹、となりました。 しかし今週は21日にメイ首相が議会に対して今後の離脱方針の説明を行うため、イギリスのEU離脱騒動の第2幕が上がります。また21日はキング牧師の記念日で米国の株式市場は休場です。 今週は21日の月曜から取引に注意を要する週となりますので、ご注意ください。 先週の振り返り 先週はイギリスのEU離脱が […]

  • 2019.01.21

トレンドラインにタッチ!GBP/USDの注目ポイント

トレンドラインにタッチ!GBP/USDの注目ポイント EU離脱を巡り混乱が続くイギリスですが、通貨ポンド(GBP)は比較的大人しい値動きを見せています。 イギリスポンドについて、ポンド/ドル(GBP/USD)の過去を振り返りながら探ってみました。現在はトレンドラインにタッチしており、次の値動きに注目が集まります。 ポンドを取引するならGBP/USD イギリスポンドは値動きが激しく、悪魔の通貨、と言 […]

  • 2019.01.20

1月3日のフラッシュクラッシュでの未収金は過去3番目の規模

1月3日のフラッシュクラッシュでの未収金は過去3番目の規模の9.4億円に 1月3日に発生したフラッシュクラッシュで、FX会社は投資家からの未収金が9.4億円発生しています。過去3番目に大きい水準となりました。 為替取引の際には損切注文の徹底等のリスク管理が必要不可欠ということを、今回のフラッシュクラッシュは再認識させる結果となりました。 これを機会に、改めて自身の取引のリスク管理を振り返ってはいか […]

  • 2019.01.18

初心者必見!GMOクリック証券外為オプションの取引方法を解説

GMOクリック証券で提供されているバイナリーオプション「外為オプション」について、その取引方法を簡単に解説します。 外為オプションは、特定の時点の為替レートの方向を予想して、予想が当たれば投資資金に対して利益が得られる反面、予想が外れた場合は投資資金の全額が損失となる取引です。 ①取引する通貨ペアを選ぶ 外為オプションは、USD/JPY、EUR/JPY、GBP/JPY、AUD/JPY、EUR/US […]

  • 2019.01.18

イギリス議会がEU離脱法案をWスコアで否決

イギリス議会がEU離脱法案をWスコアで否決、今後予想されるシナリオについて 3月15日にイギリス議会で行われたEU離脱法案は、賛成202・反対432とWスコアで否決されてしまいました。 今後イギリスはどのような方向に進むのか、いずれもまだ可能性の段階ですが、予想される展開を複数ピックアップしてみました。 イギリス議会がEU離脱法案を反対432、賛成202で否決 2016年の国民投票でEU離脱が決定 […]

  • 2019.01.18

今週の為替市場

イギリスの状況を注視!、1月13日の週の為替市場 1月15日(日本時間の1月16日早朝)にイギリス議会でEU離脱法案の採決が行われる予定です。法案は否決される可能性が高いものの、その後どのように状況が進展するのか、誰にも分からない状態です。 今週はイギリスの状況が落ち着くまでトレードしない等、心の余裕を持って為替市場に臨むのが良いのではないでしょうか? 先週の振り返り 年明け2週目となった先週です […]

  • 2019.01.15

今週の気になる国内株式ニュース

HUAWEIショック再び?中国の今後の動きは? 昨年12月カナダでHUAWEIの最高財務責任者(CFO)孟晩舟氏が逮捕され、中国が報復措置をとると声明を出し、米中間で新たな火種となりました。 その結果、投資家の売りが先行し、世界同時株安となったことはまだ記憶に新しいと思います。現在CFOは仮釈放されていますが、依然カナダ国内での監視が続いており、問題は燻っています。 ポーランドでHUAWEI社員が […]

  • 2019.01.14

追いつめられるメイ首相、1月15日以降は何が起こるか分からないイギリスのEU離脱問題

1月15日にイギリス下院でEU離脱法案の採決が行われる予定です。しかし法案可決の見込みは少なく、これまで懸念されていた合意なき離脱=ハードブリグジットの可能性が浮上しています。 イギリスに何が起こるか分からない1月15日以降、少なくとも状況が落ち着くまでは、ポンド(GBP)の取引は見送るのがよさそうです。 イギリス下院でEU離脱法案が1月15日に採決予定 2016年に国民投票で決定したイギリスのE […]

  • 2019.01.11

直近安値を割れたドルインデックス、ドルのトレンド変化にご注意を

1月7日にドルインデックスが2018年11月以来続く、安値のサポート&レジスタンスを割れこみました。11月以降レンジ相場が続いた、ドルインデックスに変化が生じています。 他通貨に対するドルの相対的な強さを表すドルインデックスは、プロやベテラントレーダーの多くが確認する指標です。 今後のドルインデックスの行方、そしてドルインデックスの影響を強く受けるEUR/USDの値動きが注目されます。 1 […]

  • 2019.01.11

お正月ムードを吹き飛ばしたフラッシュクラッシュ!今後のドル円はどうなる?

1月3日早朝、フラッシュクラッシュと呼ばれる瞬間的な大暴落が発生しました。 なんとドル円は一時108円台から104円台まで暴落し、多くの強制ロスカットが発生しました。 閑散期は投機筋に狙われやすく警戒していた人も多かったと思いますが、4円の大暴落はさすがに予想外だった人が多かったようです。 新年早々、冷や水を浴びせられる形でスタートした為替ですが今後はどのように推移していくのでしょうか? 米雇用統 […]

  • 2019.01.09

2019年1月6日の週の為替市場、USD/JPYはフラッシュクラッシュ前の水準を回復できるのか?

2019年1月6日の週の為替市場、USD/JPYはフラッシュクラッシュ前の水準を回復できるのか? 1月3日の早朝にフラッシュクラッシュ(相場の急落)が発生して、USD/JPYやAUD/JPYなどのクロス円通貨が一気に急落。2019年の為替市場は波乱の幕開けとなりました。 昨年12月後半からリスクオフの状態が続く金融市場ですが、年が明けて一旦リスクオフを脱する展開も考えられます。 113円台から10 […]

  • 2018.12.31

今年の株式相場を振り返る(米国)

018年の世界経済は比較的堅調に推移したといえますが、その中でとくに目立ったのが、米国経済の良好なパフォーマンスでした。   一方で、中国との貿易摩擦はときに激しく、アメリカと中国の動向に世界全体が左右された1年ともいえるでしょう。   2018年の米国株式相場について、月を追って簡単にまとめました。2019年の見通しにも触れていますので、来年の参考にしてくださいね。 &nbs […]

  • 2018.12.28

今年の株式相場を振り返る(国内)

アベノミクスや⽇銀の大幅な⾦融緩和政策のスタートから5年目。政策の浸透は株式相場にどのような影響を与えたのでしょうか。 アメリカや中国、北朝鮮などの外交問題にも揺れた2018年。今年の日本株式相場について、簡単にまとめました。 2019年の見通しにも触れていますので、来年の参考にしてくださいね。 2018年 日経平均株価の推移 2018年の日経平均株価は、1月4日の23,506円からはじまり、12 […]

  • 2018.12.25

米国株式相場の気になるニュース

先週はダウが続落し軟調な相場が続いていましたが、今週の米国株式市場はどのように推移するのでしょうか。主なニュースは以下の通りです。 米国株式市場はクリスマス休暇に突入!市場への影響は? 米国株式市場は24日のクリスマスイブは午後1時までの短縮取引になり、25日がクリスマスの祝日の為に休場となります。 そのため、例年この週から取引が閑散となります。 個人投資家の取引は少なくなりますが、逆に活発になる […]

  • 2018.12.19

ソフトバンク(株)上場

12月19日にソフトバンクグループの子会社「ソフトバンク」の上場が決まりました。 ソフトバンクは国内通信事業を主とする会社で、NTTドコモ・KDDIと並び三大キャリアの一つなのでご存知の方も多いと思います。 白い犬のお父さんでおなじみのCMを流している会社ですね。   何故注目が集まっているかというとその規模の大きさです。 ソフトバンクグループ(親会社)の売り出し調達額は約2.6兆円に上 […]

1 12